1日全力でゲーム

大好きなゲームが発売されて購入した次の日がちょうど休日だったので、その日は丸一日ゲームで潰そうとうきうきしていました。ゲームは昔から大好きだったのでやり始めると時間なんて気にせずやってしまい、日付がいつの間にか変わっていたなんてことはざらです。まわりからはよく休日をそんあので終わらせてもったいなくないとか蔑まれたりしますが、僕にとってはゲームは日常からかけ離れたファンタジーやロマンがそこにある。逆にもったいないという感覚がよく分からないです。なのでその日も他のことには目もくれず、ただひたすらにゲームに没頭しました。ただただ楽しかったです。近年ではオンライン対戦というお家の中にいてもネットが繋がってればだれでも一緒にプレイができるので、対戦がとても熱いですね。あまりに夢中になりすぎて朝からやっていましたが、いつの間にか夜になっていて朝食、昼食を食べ損ねていました。夕飯はさすがにお腹がすいていたので前日に買っておいたパンを軽く食し、日付が変わってもプレイし続けてました。本当は靴を修理するために府中へ行かなくてはいけないのに。。